〈PR〉プロが選ぶ!2023年最新!おすすめプログラミングスクール比較ガイド

【初心者は絶対見て】CSSで文字や画像を回転させるコツ!コピペで完了

ハック君
ハック君

編集長(・vv・) CSSについて下記の内容が分かりません???
教えて下さい!


・CSSでテキストや画像を回転させる方法
・回転させる時の「角度」や「中心軸」の指定方法について理解したい
・できればコピペで完成させたい

UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

ハック君(^ ^)質問ありがとう♪

・CSSでテキストや画像を回転させる方法として「rotate関数」を説明
・回転させる時の「角度の指定」や「x軸、Y軸、Z軸」について
・コピペできるようにサンプルコードもあるよ!

この記事では、CSS回転に関連する問題を解決するための手法や手順を紹介します。まず、CSSのrotate関数の基本的な使い方や応用例について詳しく解説します。また、ループする回転アニメーションやテキストの回転アニメーションの実装方法についても具体的なコード例とともに紹介します。

さらに、回転の中心軸や角度の指定方法、アニメーションの指定方法。さまざまな方法に対応するために、サンプルコードを紹介し解説していきます。

この記事を読むことで、CSSでテキストや画像を回転させる方法を学べます。上手に取り入れる事で表現方法の幅を広げる事ができます。
是非、本記事を参考にして、魅力的なウェブデザインを実現してください。

CSSのrotate関数とは

CSSのrotate()関数は、要素を指定した角度だけ回転させるためのCSSプロパティです。この関数は、2Dまたは3Dの回転を指定するために使用されます。

UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

rotate()関数は上記のような構文を持ちます。

rotate(angle);
ハック君
ハック君

ここで、angle???。回転する角度はどうやって指定することができるんですか。

UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

ここで、angleは回転する角度を指定します。角度は度数法(deg)またはラジアン(rad)で指定することができます。

例えば、要素を90度回転させる場合、次のように記述します(*´ノ0`)

transform: rotate(90deg);

また、負の値を指定することで反時計回りに回転させることもできます。

メモ

rotate()関数はtransformプロパティと組み合わせて使用されることが一般的です。他のtransform関数
(例えば、translate()やscale())と組み合わせて要素を複数の変換を同時に適用することも可能です。

CSSのrotate関数の基本的な使い方

rotate 回転だよ
UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

基本となるHTMLとCSSは以下に記載します。

HTML

<div class="rotate-element">rotated 回転だよ</div>

CSS

.rotate-element {
  width: 200px;
  height: 200px;
  background-color: #f2f2f2;
  transform: rotate(45deg);
}
UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

上記のコードでは、.rotate-elementというクラスが指定された
要素が45度だけ時計回りに回転します。要素は200px × 200pxのサイズを持ち、背景色は灰色(#f2f2f2)に設定されています。

ハック君
ハック君

なんとなく分かりました(o・ω・o)ホエ?
回転する角度を変えたり、反時計回りに回転させたりすることもできるんですか。

UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

ハック君(^ ^)出来るんだよ
いい質問だね!以下で回答するよ!

.my-element {
  transform: rotate(-90deg);
}
UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

上記のコードでは、要素が90度だけ反時計回りに回転します。

rotate()関数は他のトランスフォーム関数と組み合わせて使用することもできます。例えば、要素を回転させた後に平行移動させる場合、translate()関数と組み合わせて次のように記述します。

.my-element {
  transform: rotate(45deg) translate(50px, 50px);
}
ハック君
ハック君

成程Σ(,,ºΔº,,*)上記のコードでは、要素が45度だけ時計回りに回転した後に、x軸方向に50px、y軸方向に50px平行移動するんですよね

UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

せやね!CSSのrotate()関数を活用して要素を回転させることができます。

CSSでループする回転アニメーションの作り方

CSSでループする回転アニメーションを作るためには、@keyframesルールとanimationプロパティを使用します。以下に基本的な作り方を示します。

HTML要素を作成します。アニメーションを適用する要素に対して適当なクラスやIDを指定します。
<div class="rotate-animation">回転する要素</div>
CSSで@keyframesルールを定義します。@keyframesルールはアニメーションのキーフレーム(中間状態)を定義します。
@keyframes rotate {
  from {
    transform: rotate(0deg);
  }
  to {
    transform: rotate(360deg);
  }
}
UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

上記の例では、要素を0度から始まり、360度まで回転させるアニメーションを定義しています。

animationプロパティを使用してアニメーションを要素に適用します。アニメーションの名前、時間、ループの設定などを指定します。

.rotate-animation {
  animation: rotate 3s linear infinite;
}
UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

上記の例では、rotateという名前のアニメーションを3秒かけて線形に実行し、無限に繰り返すように設定しています。

【完成】これで要素がループする回転アニメーションが作成されました。
実際のコードは以下のようになります。
<div class="rotate-animation">回転する要素</div>
@keyframes rotate {
  from {
    transform: rotate(0deg);
  }
  to {
    transform: rotate(360deg);
  }
}

.rotate-animation {
  animation: rotate 3s linear infinite;
}
UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

このコードを使用することで、要素がループする回転アニメーションが表示されます。必要に応じて要素のスタイルやアニメーションのパラメータを調整してください。

テキストを回転するCSSアニメーションの実装方法

ハック君
ハック君

テキストを回転する方法もあります(o・ω・o)ホエ?

UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

あるよ( ̄^ ̄)ゞ
CSSアニメーションを実装するためには、@keyframesルールとanimationプロパティを使用します。
基本的に画像を回転させる方法とあまり変わらないです。
以下に基本的な実装方法を示します。

HTML要素を作成します。テキストを回転させる要素に対して適当なクラスやIDを指定します。
<div class="rotate-text">回転するテキスト</div>
CSSで@keyframesルールを定義します。@keyframesルールはアニメーションのキーフレーム(中間状態)を定義します。
@keyframes rotate-text {
  from {
    transform: rotate(0deg);
  }
  to {
    transform: rotate(360deg);
  }
}
UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

上記の例では、テキストを0度から始まり、360度まで回転させるアニメーションを定義しています。

animationプロパティを使用してアニメーションを要素に適用します。アニメーションの名前、時間、ループの設定などを指定します。
.rotate-text {
  animation: rotate-text 3s linear infinite;
}
UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

上記の例では、rotate-textという名前のアニメーションを3秒かけて線形に実行し、無限に繰り返すように設定しています。

【完成】これでテキストが回転するCSSアニメーションが作成されました。実際のコードは以下のようになります。
<div class="rotate-text">回転するテキスト</div>
@keyframes rotate-text {
  from {
    transform: rotate(0deg);
  }
  to {
    transform: rotate(360deg);
  }
}

.rotate-text {
  animation: rotate-text 3s linear infinite;
}
UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

このコードを使用することで、テキストが回転するアニメーションが表示されます。必要に応じてテキストのスタイルやアニメーションのパラメータを調整してください。

CSSでX軸、Y軸、Z軸を指定する方法について

ハック君
ハック君

rotate関数で、x軸、y軸、z軸を 指定する方法ってあります(o・ω・o)ホエ?

UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

あるよ( ̄^ ̄)ゞ

・rotate=z軸(奥行き方向)
・rotateX = x軸(水平方向)
・rotateY =y軸(垂直方向)


上記は、CSSのtransformプロパティで利用でき要素を回転させるための関数です。

そもそもx軸,y軸,z軸とは?

x軸、y軸、z軸は3D空間における座標軸を表します。

x軸(水平方向)x軸は水平方向を表し、左から右への方向を示します。正の方向は右方向です。
y軸(垂直方向)y軸は垂直方向を表し、下から上への方向を示します。正の方向は上方向です。
z軸(奥行き方向)z軸は奥行き方向を表し、画面から内側への方向を示します。正の方向は奥行き方向です。

これらの軸は3D空間で要素の位置や回転を制御するために使用されます。要素を回転させる場合、x軸を中心に回転させると要素が前後に傾きます。y軸を中心に回転させると要素が左右に傾きます。z軸を中心に回転させると要素が奥行き方向に回転します。

ハック君
ハック君

数学でやったような、やらなかったようなΣ(,,ºΔº,,*)

UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

ふふふ(* ̄∇ ̄)/それぞれ説明していくね!

  1. rotate=z軸(奥行き方向)
  2. rotateX = x軸(水平方向)
  3. rotateY =y軸(垂直方向)

CSSでrotate関数でz軸(奥行き方向)を指定する方法

rotate z軸に回転だよ
.custom-element {
transform: rotateZ(45deg);
}
UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

rotate関数は2D平面上で要素を回転させます。角度を度数で指定し、時計回りに回転します。

CSSでrotate関数でx軸(水平方向)を指定する方法

rotate x軸に回転だよ
.rotate-x-axis {
      transform: rotateX(180deg);
}
UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

上記の例では、.rotate-elementクラスが適用された要素を180度だけX軸を中心に回転させます。

CSSでrotate関数でy軸(垂直方向)を指定する方法

rotate Y軸に回転だよ
.rotate-y {
        transform: rotateY(45deg);
}
UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

上記の例では、.rotate-yクラスが適用された要素を45度だけY軸を中心に回転させます。

結論とまとめ

本記事では、CSS回転の基本的な使い方から応用的なテクニックまで、幅広く紹介しました。

まず、CSSのrotate関数を使った基本的な回転の実装方法を解説しました。要素を中心軸を軸にして回転させることで、優雅な動きを作り出すことができます。また、rotateXやrotateYを使用することで、X軸やY軸を中心に要素を回転させることも可能です。

さらに、ループする回転アニメーションの作り方も詳しく解説しました。CSSのアニメーションプロパティを組み合わせることで、要素を繰り返し回転させることができます。これにより、目を引く効果的なアニメーションを作成することができます。

また、テキストを回転させる方法についても紹介しました。テキストを回転させることで、見出しやキャプションなどのテキスト要素に特別な効果を与えることができます。回転の角度やアニメーションの組み合わせによって、さまざまな表現が可能です。

最後に、高度なテクニックや注意点についても触れました。回転の中心軸や角度の指定方法、パフォーマンス最適化など、より洗練された回転アニメーションを実現するためのポイントを解説しました。

CSS回転はウェブデザインにおいて非常に重要な要素であり、魅力的なアニメーションを作成するための強力なツールです。本記事を通じて、CSS回転の基礎から応用までを網羅的に学ぶことができました。ぜひこれらの知識を活用して、魅力的でダイナミックなウェブサイトを作り上げてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です