〈PR〉プロが選ぶ!2023年最新!おすすめプログラミングスクール比較ガイド

【Python】Windows10/Macでのインストール方法!初心者でも簡単に始められる

本記事のトピック
初心者向け
 (5)
利用頻度
 (4)
難しさ
 (3.5)
ハック君
ハック君

編集長(・vv・) Pythonについて下記の内容が分かりません???
教えて下さい(◎_◎) ン?


・Pythonのインストール方法や手順
・Python の開発環境の構築手順

UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

ハック君(^ ^)質問ありがとう♪

・Pythonのインストールする際の注意点
・Windows10/Mac に Python をインストールする方法
・IDLE(開発環境)を利用して実際に簡単なプログラムを動かしてみるよ

この記事のおすすめポイント

・Pythonは、初心者からプロまで幅広い層に人気のあるプログラミング言語です。
しかし、Pythonを活用するためにはまずインストールする必要があります。本記事では、Pythonのインストール手順と注意点を詳しく解説します。Windows10やMacをお使いの方も安心してご覧ください。また、インストール後にはパスの設定やライブラリのインストールに関する問題も発生することがありますが、心配しないでください。解決策も紹介しています。さらに、Pythonの開発環境構築やプログラムの実行方法についても触れています。初めての方でも分かりやすく、スムーズにPythonを使い始めることができるガイドとなっています。ぜひ、最後までご覧いただき、Pythonの世界への第一歩を踏み出してみてください

Pythonのインストール手順と注意点

UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

Pythonのインストール手順と注意点について説明するよ(o・ω・o)
以下の手順に従って進めてください。

公式ウェブサイトにアクセス
ダウンロードページへ移動

ダウンロードページに移動し、最新バージョンのPythonを選択します。通常、推奨される安定版を選択することが一般的です。

インストーラーの実行

ダウンロードしたインストーラーを実行します。Windowsの場合は、ダブルクリックして実行します。

インストールオプションの選択

インストーラーが起動すると、インストールオプションが表示されます。通常は、”Add Python to PATH”(PythonをPATHに追加)を選択しておくと便利です。

インストールの開始

インストールを開始する前に、インストール先のディレクトリを選択します。デフォルトのままで問題ありませんが、カスタムの場所を選択することもできます。

インストールの完了

インストールが完了するまで待ちます。完了後、確認のためにコマンドプロンプト(Windows)またはターミナル(macOS、Linux)python –version コマンドを実行して、正しくインストールされたことを確認できます。

注意点

・インストール時の管理者権限: Windowsを使用している場合、インストーラーを実行する際に管理者権限が必要な場合があります。必要に応じて、右クリックして「管理者として実行」を選択してください。

・インストールオプションの確認: インストーラーのオプションで、”Add Python to PATH” オプションを選択しておくと、Pythonをコマンドプロンプトやターミナルから直接実行できます。このオプションを選択しなかった場合でも、インストール後に環境変数を設定することでPythonを実行できます。

・バージョンの選択: Pythonには複数のバージョンが存在します。プロジェクトの要件に応じて適切なバージョンを選択してください。一般的には、最新の安定版を使用することが推奨されますが、既存のプロジェクトには特定のバージョンが必要な場合もあります。

Python インストール後にパスが通らない問題の解決方法

UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

Pythonをインストールした後に、パスが通らない問題が発生した場合は、以下の解決方法を試してみてください。

インストール時に「Add Python to PATH」オプションを選択していなかった場合

  1. Windowsの場合: Pythonのインストールディレクトリ(通常は C:\PythonXX)に移動し、python.exe のパスを確認します。
  2. macOSまたはLinuxの場合: ターミナルを開き、which python コマンドを実行して、Pythonの実行可能ファイルのパスを確認します。

パスの追加

Windowsの場合

スタートメニューを右クリックし、[システム](または[コンピューター])を選択します。
[システムの詳細設定]をクリックし、[環境変数]ボタンをクリックします。
[システム環境変数]セクションの中の [Path] を選択し、[編集]ボタンをクリックします。
新しい行を追加し、Pythonの実行可能ファイルのパス(例: C:\PythonXX)を入力します。
全てのダイアログを閉じます。

macOSまたはLinuxの場合

ターミナルを開き、nano ~/.bash_profile コマンドを実行します(ファイルが存在しない場合は新規作成されます)。
ファイル内で、以下の行を追加します(Pythonの実行可能ファイルのパスを適切に指定してください)
export PATH="/usr/local/bin:/usr/local/sbin:/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin:/usr/local/bin:/path/to/python"
Ctrl + X キーを押して、変更内容を保存し、エディタを終了します。
ターミナルで source ~/.bash_profile コマンドを実行し、変更を反映させます。

パスの反映確認

新しいターミナルウィンドウ(またはコマンドプロンプト)を開き、python –version コマンドを実行して、正しいPythonのバージョンが表示されることを確認します。

UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

これらの手順に従ってパスを設定することで、Pythonの実行が可能になるはずです。

Windows10/Mac に Python をインストールする方法

UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

再度Windows 10およびMacにPythonをインストールする方法をそれぞれ説明します。

Windows 10へのPythonのインストール手順

ダウンロードページに移動し、最新バージョンのPythonインストーラー(.exeファイル)を選択します。
ダウンロードしたインストーラーを実行します。管理者権限が必要な場合は、右クリックして「管理者として実行」を選択します。
インストールウィザードが表示されるので、以下の手順で進めます。
  1. 「Add Python to PATH」オプションにチェックを入れておくと、コマンドプロンプトやパワーシェルからPythonを直接実行できます。
  2. インストール先のディレクトリを変更する場合は、カスタムの場所を指定します。
インストールが完了すると、コマンドプロンプトやパワーシェルで python –version コマンドを実行して、正しくインストールされたことを確認できます。

MacへのPythonのインストール手順

ダウンロードページに移動し、最新バージョンのPythonインストーラー(.pkgファイル)を選択します。
ダウンロードした.pkgファイルを実行します。
インストールウィザードが表示されるので、以下の手順で進めます。
  1. 「Install for all users」オプションを選択します。
  2. インストール先のディスクを選択します(通常はデフォルトのままで問題ありません)。
  3. 「Customize installation」オプションを選択し、追加のインストールオプションを選択します(オプションには必要に応じてチェックを入れます)。
インストールが完了。

ターミナルで python3 –version コマンドを実行して、正しくインストールされたことを確認できます。

UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

これらの手順に従ってPythonをインストールすることで、Windows 10およびMacでPythonを利用できるようになります。

Windows 10 と Mac での Python インストールの違いと対応策

UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

Windows 10とMacにおけるPythonのインストールにはいくつかの違いがあります。以下に、それぞれの違いと対応策を説明します。

Windows 10Mac
インストーラーの形式Pythonの公式ウェブサイトから入手できるインストーラーは、拡張子が “.exe” の実行可能ファイルです。Pythonの公式ウェブサイトから入手できるインストーラーは、拡張子が “.pkg” のパッケージインストーラーです。
コマンドの実行方法インストール時に「Add Python to PATH」オプションを選択している場合、コマンドプロンプトやパワーシェルで直接 python コマンドを実行できます。インストール時に python3 コマンドがデフォルトの実行コマンドとなります。ターミナルで python3 コマンドを使用してPythonを実行する必要があります。また、python コマンドを使用するには python3 というエイリアスを作成する必要があります。
パスの設定方法インストール時に「Add Python to PATH」オプションを選択していれば、Pythonの実行ファイルへのパスが自動的に設定されます。パスが通らない場合は、環境変数の設定を確認して修正します。Pythonのインストール時にはデフォルトでパスが設定されますが、パスが通らない場合は手動で設定する必要があります。ターミナルのシェルプロファイル(通常は ~/.bash_profile や ~/.zshrc)にパス設定を追加することで解決できます。

プログラムを実行する(コマンドプロテクト)

UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

コマンドプロンプトを使用してPythonプログラムを実行する手順を説明します。

Pythonプログラムを作成します

テキストエディタを使用して、Pythonのコードを書きます。例えば、以下のような “hello.py” という名前のプログラムを作成します。

print("Hello, world!")
コマンドプロンプトを開きます。

Windowsの場合は、スタートメニューで「コマンドプロンプト」を検索し、クリックしてコマンドプロンプトを開きます。Macの場合は、アプリケーション > ユーティリティ > ターミナルからターミナルを開きます。

Pythonのバージョンを確認します

コマンドプロンプトで python –version(Windows)または python3 –version(Mac)と入力して、正しいPythonのバージョンが表示されることを確認します。

Pythonプログラムを実行します

コマンドプロンプトで以下のコマンドを入力します。

Windows

python path/to/your/python/file.py

コマンドプロンプトでの Python プログラム実行時の便利なコマンド一覧

UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

コマンドプロンプトでPythonプログラムを実行する際に便利ないくつかのコマンドを紹介します。

コマンド内容
cdディレクトリを移動します。例えば、cd Documents と入力すると、“Documents” ディレクトリに移動します。cd .. を入力すると、1つ上のディレクトリに移動します。
dir (Windows)
または
ls (Mac)
現在のディレクトリに存在するファイルとディレクトリの一覧を表示します。Windowsでは dir コマンドを使用し、Macでは ls コマンドを使用します。
mkdir新しいディレクトリを作成します。例えば、mkdir my_directory と入力すると、”my_directory” という名前のディレクトリが作成されます。
del (Windows)
または
rm (Mac)
ファイルを削除します。例えば、del my_file.py(Windows)または rm my_file.py(Mac)と入力すると、“my_file.py” というファイルが削除されます。
cls (Windows)

または

clear (Mac)
コマンドプロンプトの画面をクリアします。これにより、以前の出力が削除され、画面がきれいになります。Windowsでは cls コマンドを使用し、Macでは clear コマンドを使用します。
UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

これらのコマンドは、Pythonプログラムの実行以外にも、コマンドプロンプトの操作やファイルシステムの管理に役立ちます。詳細なコマンドやオプションについては、各オペレーティングシステムのドキュメントやオンラインリソースを参照してください。

IDLE(開発環境)を利用してプログラムを試してみよう

UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

IDLEはPythonの標準的な開発環境の一つであり、Pythonのインストール時に一緒にインストールされます。以下に、IDLEを使用してPythonプログラムを試す手順を説明します。

IDLEを起動します
  • Windows:
    スタートメニューから “IDLE” を検索して、IDLE (Python x.x) をクリックします(x.xはPythonのバージョンを表します)。
  • Mac
    アプリケーション > Python x.x > IDLE をクリックします。
新しいファイルを作成します

IDLEのメニューから「File」 > 「New File」を選択します。新しい編集ウィンドウが開きます。

Pythonコードを入力します。

新しい編集ウィンドウにPythonコードを入力します。例えば、以下のコードを入力してみましょう。

print("Hello, world!")
プログラムを実行します

メニューから「Run」 > 「Run Module」を選択するか、キーボードショートカットであるF5キーを押して、入力したPythonプログラムを実行します。

実行結果が表示されま。

IDLEの「Python Shell」と呼ばれるウィンドウに、プログラムの実行結果が表示されます。上記の例では、「Hello, world!」と表示されるはずです。

注意点
  • IDLEは対話的なPythonシェルとしても使用できます。IDLEの「Python Shell」ウィンドウでコマンドを入力することで、Pythonの式やコードを対話的に評価することができます。
  • IDLEは基本的な機能を提供しますが、より高度な機能やプロジェクト管理のためには、他の統合開発環境(IDE)やテキストエディタを検討することもできます。

IDLE の基本的な使い方と操作方法の解説

UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

IDLEの基本的な使い方と操作方法を説明します。

IDLEの起動

  • Windows
    スタートメニューから “IDLE” を検索して、IDLE (Python x.x) をクリックします(x.xはPythonのバージョンを表します)。
  • Mac
    アプリケーション > Python x.x > IDLE をクリックします。

新しいファイルの作成

メニューから「File」 > 「New File」を選択すると、新しい編集ウィンドウが開きます。

コードの入力と編集

  • 編集ウィンドウにPythonコードを入力します。
  • インデントにはタブキーを使用します。コードブロックをインデントするときには、自動的にスペースが挿入されます。

ファイルの保存

メニューから「File」 > 「Save」または「Save As」を選択して、ファイルを保存します。拡張子は “.py” となります。

プログラムの実行

  • メニューから「Run」 > 「Run Module」を選択するか、F5キーを押して、編集ウィンドウにあるPythonプログラムを実行します。
  • 実行結果は「Python Shell」と呼ばれる別のウィンドウに表示されます。

デバッグの実行

メニューから「Debug」 > 「Debugger」を選択すると、デバッガが起動します。これにより、ステップ実行や変数の監視などのデバッグ操作が可能になります。

Python Shellの使用

IDLEの下部にある「Python Shell」ウィンドウでは、Pythonの対話的なコマンドラインシェルを利用できます。Pythonの式やコードを直接入力して実行したり、結果を確認したりすることができます。

ヘルプの利用

メニューから「Help」 > 「Python Docs」を選択すると、Pythonの公式ドキュメントがブラウザで開きます。ここからPythonのリファレンスやモジュールのドキュメントを参照できます。

カスタマイズ

メニューから「Options」 > 「Configure IDLE」を選択すると、IDLEの設定をカスタマイズできます。エディタのテーマやフォント、オートコンプリートの設定などを変更できます。

UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

これらはIDLEの基本的な操作方法です。IDLEはPythonを初めてさわる人にとって分かりやすくなっていますので是非試してください!

Python インストールと他のプログラミング言語との比較

インストールの容易さ

Pythonは非常に簡単にインストールできます。公式ウェブサイトからインストーラーパッケージをダウンロードし、数クリックでインストールが完了します。一方、他の言語では開発環境のセットアップや依存関係の解決が複雑で手間がかかる場合があります。

豊富なライブラリとフレームワーク

Pythonは、豊富なライブラリとフレームワークのエコシステムがあります。これにより、データ処理、機械学習、ウェブ開発、GUI開発など、さまざまな領域での開発が容易になります。他の言語に比べて、Pythonは特にデータサイエンスや機械学習の分野で人気があります。

読みやすさと表現力

Pythonはシンプルで読みやすい構文を持っており、人間が理解しやすいコードを書くことができます。また、Pythonの表現力の高さにより、短いコードで効率的な処理を行うことができます。

クロスプラットフォーム

Pythonはクロスプラットフォームな言語であり、Windows、Mac、Linuxなどのさまざまなオペレーティングシステムで動作します。他の言語と比較して、Pythonはプラットフォームの違いに関係なく一貫した動作をすることができます。

コミュニティとサポート

Pythonは大規模なコミュニティとサポートシステムを持っています。公式ドキュメントやオンラインリソース、Q&Aサイト、コミュニティフォーラムなどを通じて、問題解決や情報共有が容易になっています。

Pythonをインストールする際によくあるQ&Aをまとめました

ライブラリのインストールができない問題への対応方法
pipのアップグレード
最新バージョンのpipを使用することで、問題が解決する場合があります。コマンドプロンプトまたはターミナルで以下のコマンドを実行します。

pip install –upgrade pip

結論とまとめ

UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

Pythonのインストール方法は理解できました。これであなたもPythonの魅力を思う存分体験できるでしょう。

Pythonを活用することで、ウェブ開発やデータ解析、機械学習など、さまざまな可能性が広がります。ぜひ、自分のプロジェクトや興味のある分野でPythonを使ってみましょう!

以下にも当サイトのオススメの記事を掲載しておきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です