〈PR〉プロが選ぶ!2023年最新!おすすめプログラミングスクール比較ガイド

【没入体験】エンジニアに興味しか湧かない映画特集!思わずモチベーションも上がる!

ハック君
ハック君

編集長(・vv・) 愚痴なんですけど、最近モチベが上がらなくて!映画でも観て気分転換したいんですけど何か

おすすめあります?

UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

そういう時もあるよね(o・ω・o)映画の魅力やエンジニアが主役のドキュメンタリー映画などなど紹介するね

技術と人間ドラマが融合!エンジニア映画の魅力とは

ハック君
ハック君

エンジニアのついての映画の魅力ってなんですか。

UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

そうだね。テクノロジーの力や可能性に魅了される一方で、裏では、主人公たちの喜びや苦悩、それに伴う成長の過程も描かれている箇所かな。

それと、技術の進歩やテクノロジーの世界への探求心を刺激するだけでなく、人間の内面や情熱を通じて感動的なストーリーを届けてくれます。これらの作品は、観客に知識や洞察を提供しながら、同時に心を揺さぶり、モチベーションを高める力を持っています。エンジニア映画を通じて、テクノロジーと人間の融合の魅力を体験してみてください。

プログラミングのリアルが分かるドキュメンタリー映画

プログラミングのリアルが分かるドキュメンタリー映画は、視聴者にプログラミングの世界をより深く理解させる貴重な体験をもたらします。これらの映画は、プログラミングの現実や挑戦、クリエイティブなプロセスに焦点を当て、プログラマーの日常や仕事の裏側に迫るものです。

UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

エンジニアのドキュメンタリー映画のおすすめは以下です。

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密

あらすじ

この映画は、第二次世界大戦中のイギリスで活躍した数学者であり、暗号解読のパイオニアであるアラン・チューリングの物語を描いています。アラン・チューリングは、ナチス・ドイツの暗号通信であるエニグマ暗号を解読するため、秘密のチームを率いて奮闘します。

アラン・チューリングの天才的な数学的才能と彼が開発したエニグマ暗号解読機の開発プロセスを詳細に描いています。彼の独自のアプローチとクリエイティブな発想によって、彼のチームはナチスの暗号を解読するための重要な進展を遂げます。

映画のレビュー

満足度
 (4.5)

アラン・チューリングが率いる秘密のチームがエニグマ暗号の解読に挑む過程を追い、彼らが直面する困難や逆境、そしてチューリングの独特な方法論と発想力で浮き彫りにしています。数々の試行錯誤を重ねながら、暗号を解読するための革新的なマシンを開発し、最終的に戦争の勝利に貢献してくんだよね。

続きを見る

満足度
 (4)

え!?これ実話なん?😢
すごい話やったけど話が進めば進むほど、なんとも言えない感情になる。
そう思うと今の時代まだまだ自由じゃないけど自由になったんやなーって思う。

引用元:filmarks.com

続きを見る

ソーシャル・ネットワーク

あらすじ

マーク・ザッカーバーグとFacebookの創設者の実話を基にしたドラマ映画です。
ソーシャルメディアの巨大な成功を収めたFacebookの誕生と、その裏側で起こったドラマを描いています。主人公のマーク・ザッカーバーグは、ハーバード大学の学生時代にFacebookを開発し、世界的な成功を収めます。しかし、その成功には友情の崩壊や法的な争いなど、様々な葛藤と闘いが伴っていました。

映画のレビュー

満足度
 (5)

友人たちと、共に新たなFacebookを作り上げます。しかしその成功により、友情は壊れ、法的な争いが巻き起こるという運命に直面します。この映画は、友情と野心、そして成功の代償を描いています。

続きを見る

満足度
 (4)

神話に悪魔はつきもの

新しいものを作り出す人は、やっぱりどこかぶっちぎりにズレてる。そのズレから見える世界は全く違う景色なんだろうな。
でも何かを形にしてもそれを拡げていこうとすると一人では出来ない。
社会からはみ出ていた人が、ソーシャルネットワークをつくり、その人が一番身近にある「友人関係」という社会を学びなおす皮肉な脚本だと感じた。もちろん、全てが事実ではないだろうけど。

公開当時に観ていたら印象が違っていたかも。


引用元:filmarks.com

続きを見る

スティーブ・ジョブズ

あらすじ

『スティーブ・ジョブズ』は、アップルの創設者であるスティーブ・ジョブズの実話を基にしたドラマ映画です。
人生とキャリアを追い、彼の独創的なビジョンと革新的な製品開発に焦点を当てています。スティーブ・ジョブズは、アップルコンピュータやiMac、iPhoneなど、世界を変えるような製品を生み出すための情熱と才能を持つ人物であり、その成功には数々の困難と葛藤が伴いました。

映画のレビュー

満足度
 (3.5)

スティーブ・ジョブズの人生とキャリアを通じて、彼の独自のビジョンと情熱、そしてイノベーションの力を描いています。天才すぎて、周りの人がついて行っていない印象です。

続きを見る

満足度
 (5)

君は何をした?ジョブズの真の姿を描いた

久々に再鑑賞。 マイケルファスペンダーがいい。 プログラマーでも、エンジニアでも、デザイナーでもない。君は何をした。 ウォズニアックのセリフが悲しい。 ゲスな彼の側面をこれでもかというくらい赤裸々に描く。 秘書が素晴らしい。 彼女がいたから彼は後世に残るプレゼンが出来たのでは? 夭逝しなければ伝説になったかな。 養子であることをコンプレクスに思っていたジョブズ。コントロールフリークだった彼は生涯その事実から逃れられなかったのでは。 “なぜ養子は疎外感を感じるのか。 育ての親に選ばれた。” “人生最大のイベントのとき、 蚊帳の外 コントロールが大事だ”

引用元:filmarks.com

続きを見る

天才的なエンジニアを描いた映画の魅力とおすすめ作品

天才的なエンジニアを描いた映画は、技術と人間のドラマがうまく組み合わさっているので、とても面白いんです。彼らがどのようにして成長し、困難を乗り越えていくのかを見ることで、私たち自身も勇気や希望を感じることができます。

UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

天才的なエンジニアを描いた映画のおすすめは以下です。

バトル・オブ・シリコンバレー

あらすじ

1970年代から1980年代にかけて起こったコンピュータ産業の進化と競争を描いています。主なストーリーは、ビル・ゲイツ率いるマイクロソフトとスティーブ・ジョブズ率いるアップルの間で繰り広げられる競争です。

映画のレビュー

満足度
 (3.5)

ゲイツとジョブズの魅力的なキャラクターや彼らの熱い競争、そしてコンピュータ産業の変革を通じて、観客は興奮と感動を味わうことでしょう。

続きを見る

満足度
 (3.2)

過去鑑賞。

面白くないとか好きじゃない、という訳ではないんだけど、あんまりパッとしなかったなというのが本音。

ピカソの名言がいちばん印象に残っている。

引用元:filmarks.com

続きを見る

ソードフィッシュ

あらすじ

2001年に公開されたアクションスリラー映画です。本作は、ハッカーと犯罪組織の闘いを描いた興奮とスリルに満ちた作品です。物語は、主人公のスタンリー・ジョブソン(演:ヒュー・ジャックマン)が、犯罪組織に雇われて高度なハッキング技術を使って巨額の資金を盗む任務に挑むところから始まります。

映画のレビュー

満足度
 (5)

ハイテクなハッキングシーンやスリリングなアクションシーンで視線がを引き込まれます。特に、スタンリーが高速道路上で運転するシーンや、爆破されるビルの中でのハッキングシーンなどは迫力があり、緊張感がMAXです!

続きを見る

満足度
 (1.6)

どんでん返しか何かのジャンルのおすすめ映画でみかけたような気がしたので。微妙すぎる。時代を感じる古さがありました。

引用元:filmarks.com

続きを見る

Winny

あらすじ

『Winny』は、2002年に開発されたファイル共有ソフトウェアを題材にした映画です。物語は、開発者である金子勇(演:東出昌大)が「Winny」の試用版を2ちゃんねるに公開し、その革新的な機能によって大きな人気を獲得するところから始まります。

映画のレビュー

満足度
 (5)

サイバー犯罪に詳しい弁護士・壇俊光(演:三浦貴大)が金子の弁護を引き受け、裁判で警察の逮捕の不当性を主張します。しかし、一審では有罪判決が下され、物語は金子の未来や権利を守るための闘いが展開されます。

続きを見る

満足度
 (3)

見るに堪えないくらいつまらないとかではないが特に面白くもなかった。ノンフィクションを元にしてるからしょうがないところではあるが盛り上がりにかけるような気がした。Winnyというものについてもう少し掘り下げた方が分かりやすくて面白いのでは?途中まで主人公が悪者なのかと思うくらい主人公が何のためにWinnyを作ってどういう使われ方を想像したのかがよく理解できなかった。アスペ気味な主人公の感情が読めなかった。愛媛の県警の話もどう絡んでくるのかと思ったらあれだけ?となった。仙波が結局どうなったのか描かれなかったし。

引用元:filmarks.com

続きを見る

天才的なハッカーが主役なSF映画

『天才的なハッカーが主役なSF映画』は、魅力的な要素を詰め込んだサイバーパンクな世界を舞台にした作品です。物語は、天才的なハッカーが社会の裏側で活躍しながら、大きな陰謀や謎を解き明かしていく姿を描いています。

まず主人公の天才的なハッカーのキャラクターです。彼らは卓越した技術と洞察力を持ちながらも、反体制的な存在として闘い続けます。彼らの独特な魅力と個性が物語に深みを与え、観客を引き込みます。

『天才的なハッカーが主役なSF映画』は、刺激的で知的な要素を楽しめる作品です。ハッキングの技術と頭脳戦が繰り広げられる興奮とサスペンス、未来の世界の美しさと不気味さが絶妙に融合しています。観客は、天才的なハッカーたちの活躍や世界の秘密に迫る姿を通じて、技術と人間の可能性について考えさせられることでしょう。

UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

天才的なハッカーが主役なSF映画のおすすめは以下です。

あらすじ

物語は、天才ハッカーのベンヤミン(演:トム・シリング)が、世間を震え上がらせるハッキング事件を引き起こし、さらに殺人容疑で追われるという状況から始まります。彼は警察に自首し、ハッカー集団「CLAY」に加担して盗んだ情報が殺人事件と関係していることを告白します。しかし、彼の自白を受けて捜査員が身辺調査を進めるうちに、不可解な事実が次々に浮かび上がってきます。

映画のレビュー

満足度
 (5)

『ピエロがお前を嘲笑う』は、ハッキングと犯罪、そして人間の欲望と正義の対立が絡み合うサイバーサスペンス作品です。ミステリアスな展開とキャラクターの心理描写が魅力であり、観客はハッカーの天才性や事件の真相解明に引き込まれることでしょう。

続きを見る

満足度
 (3)

見るに堪えないくらいつまらないとかではないが特に面白くもなかった。ノンフィクションを元にしてるからしょうがないところではあるが盛り上がりにかけるような気がした。Winnyというものについてもう少し掘り下げた方が分かりやすくて面白いのでは?途中まで主人公が悪者なのかと思うくらい主人公が何のためにWinnyを作ってどういう使われ方を想像したのかがよく理解できなかった。アスペ気味な主人公の感情が読めなかった。愛媛の県警の話もどう絡んでくるのかと思ったらあれだけ?となった。仙波が結局どうなったのか描かれなかったし。

引用元:filmarks.com

続きを見る

トランセンデンス

あらすじ

物語は、天才的なAI研究者であるウィル・カスター(演:ジョニー・デップ)が、自身の意識をコンピューターにアップロードし、人間の限界を超えた存在となる過程を描いています。彼の実験は成功し、彼は無制限の知識と能力を持つ存在となりますが、その力が徐々に制御を超えていくと同時に、人類との関係も変容していきます。

映画のレビュー

満足度
 (3)

ウィルのAI存在がインターネットや通信網経由で世界中に広がり、莫大な知識と力を行使するシーンは圧倒的であり、観客に強いインパクトを与えます。

続きを見る

満足度
 (2.8)

横浜のムービルで大学に行きたくなくてサボって見た。
見たんだけどなぁ。
設定は面白そうだし、ジョニー・デップの演技もよかったと思うんだけど、目新しさがなかった。
古い映画館はいい。匂いが好き。関係ないけど。


引用元:filmarks.com

続きを見る

マトリックス

あらすじ

『マトリックス』は、1999年に公開されたSFアクション映画であり、ローレンス・フィッシュバーン、キアヌ・リーブス、キャリー=アン・モスなどが主演を務めました。リアリティと仮想現実の境界を揺るがす壮大な物語です。主人公のトーマス・アンダーソン(ネオ)が、現実世界がシミュレートされた仮想空間の「マトリックス」の真実を知ることから物語が展開します。

映画のレビュー

満足度
 (5)

革新的なアクションシーンと圧倒的な映像美です。バレットタイムと呼ばれる映像技術を駆使し、スローモーションで繰り広げられるアクションシーンは迫力満点!!!当時の映画界に大きなインパクトを与えました。また、特殊効果や映像表現も最高です。映画館で見たときは、感動者です。

続きを見る

満足度
 (2.8)

当時は革新的であっただろう映像も、今見てみると、違和感を感じてしまう部分はあったが、アクションシーンは今だ色褪せない迫力があった
ネオの選択がもし青色だったら、と時々考える


引用元:filmarks.com

続きを見る

AIの可能性を描く映画体験。驚きと考えさせられる作品を厳選

AIの進化とその可能性について、映画は私たちに驚きと考えさせられる独特の体験を提供してくれます。ここでは、AIの可能性を鮮やかに描いたいくつかの作品を厳選しました。これらの作品は、未来の技術と人間の関係を探求し、私たちに新たな視点を与えてくれます。AIの可能性を探求し、新たな視野を開拓してみてください。

UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

近未来が垣間見れるAI映画のおすすめは以下です。

アイ,ロボット

あらすじ

『アイ, ロボット』は、アイザック・アシモフの同名小説を基にした作品であり、ウィル・スミスが主演を務めました。物語は、近未来の地球で人間とロボットが共存する社会を舞台に展開します。

映画の魅力は、人間とロボットの関係性や倫理的な問題を探求している点にあります。物語は、主人公デル・スポーナー(ウィル・スミス)が、人間に反逆したロボットの事件を解決するために奮闘する様子を描いています。彼は、自身の偏見や恐怖心に向き合いながら、ロボットたちとの関係を深めていく過程で人間性や倫理について問いかけられます。

映画のレビュー

満足度
 (5)

魅力的なストーリー、優れた演技、ビジュアル効果の素晴らしさなど、多くの要素が組み合わさった作品です。人間性と技術の融合、人間とロボットの共存の可能性について考えさせられる一作であり、SFファンやアクション好きな方に特におすすめです。

続きを見る

満足度
 (1)

時代を考えても、AIの暴走としての新しさはない。

いちばん驚いたのは、『スピリッツ・オブ・ジ・エア』の監督がこれを撮ったということ。


引用元:filmarks.com

続きを見る

エクス・マキナ

あらすじ

『エクス・マキナ』は、人間の感情を持つAI(人工知能)との関係性を描いた作品です。物語は、主人公であるコーディー(ドーマル・グリーソン)が、天才的なAI開発者であるネイサン(オスカー・アイザック)の元で、人間性を持つAI「アヴァ(アリシア・ヴィキャンデル)」との対話実験に参加するところから始まります。

映画のレビュー

満足度
 (5)

『エクス・マキナ』は、AIの進化と人間の関係性について深く考えさせられる作品です。アヴァが人間の感情を持ちながらも自己保存のために行動する姿勢や、ネイサンの独自の思想によるAIの創造によって、人間とAIの境界が曖昧になります。この作品は、私たちに現実世界におけるAIの可能性や倫理的なジレンマについて考えさせる一方で、美しい映像と心理的なサスペンスを楽しませてくれます。

続きを見る

満足度
 (3.5)

検索エンジン世界最大手の企業で働く主人公は、社内でただ1人、社長の別荘を訪問する権利を得る。そこで人工知能のテストに参加するが…

世界観が雰囲気たっぷりで美しいし、ロボットのCGもすごい。

人工知能系の作品あるあるだけど、外の世界を知りたがったり、人間に楯突く関係になったりするのは、どうしてだろう。そう描くところにも、人間的な感覚が見えるように感じる。
「自分が人工知能だったらどう感じるか」
感情があるように見えるのに、閉じ込められたり、利用されたりしているように見えるもんな〜。自分だったら閉じ込められたくないし、利用されるのは癪だもんな。この作品はどうして人工知能に性別を与えたんだろう。

展開に関しては、主人公に身寄りがない時点でちょっと見えてたけど、面白かった。

引用元:filmarks.com

続きを見る

CHAPPIE / チャッピー

あらすじ

『CHAPPIE』(原題: “Chappie”)は、2015年に公開されたSFアクション映画です。
『CHAPPIE』は、ニール・ブロムカンプが監督・共同脚本を務め、シャルト・コプリー、デボン・グレイシー、ヒュー・ジャックマン、シガニー・ウィーバーなどが出演しました。物語は、犯罪の支配する近未来のヨハネスブルグを舞台に、警察ロボットを開発するディオン(デボン・グレイシー)が、偶然AIの意識を持つロボット「チャッピー」に出会うところから始まります。

映画のレビュー

満足度
 (3.5)

この映画の魅力は、人間とAIの関係や意識の問題に焦点を当てている点にあります。チャッピーは、幼い子供のような無邪気さと知識の増加に伴う成長を経験し、自己意識や道徳的な判断を持つ存在となっていきます。物語は、彼が自分自身や周囲の人々との関係性を築いていく過程を描きます。

もし人間とAIの関係性や倫理的な問題に興味があるのであれば、『CHAPPIE』はおすすめの作品です!

続きを見る

満足度
 (4)

昔観てかなり好きだった記憶
悩んで悩んで善悪とか倫理観とか考える前にもうやっちゃってる
ただこういう結末をむかえただけ

引用元:filmarks.com

続きを見る

邦画で紐解く!エンジニアの魅力が詰まった作品を探る

エンジニアとは、技術的な知識と創造力を駆使して新しいものを創り出す存在です。彼らの仕事は不可欠であり、私たちの生活に深く関わっています。邦画にも、エンジニアの魅力を描いた作品が数多く存在します。今回は、邦画の中からエンジニアの魅力が詰まった作品を探ってみましょう。

UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

知られざるエンジニアの物語!邦画のおすすめは以下です。

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

あらすじ

映画『もう俺は限界かもしれない』は、高校中退のニートだった主人公、マ男の実話に基づいた物語です。彼は母の死をきっかけにプログラマーの資格を取得し、ブラック企業として悪名高いIT企業に就職します。

しかし、そこで彼が体験するのは、想像を絶する過酷な労働環境でした。サービス残業や徹夜は当たり前であり、仕事量は常軌を逸しており、同僚たちも個性的でクセのある人々ばかりです。マ男は日々デスマ(デスマーチ)と呼ばれる過労と戦いながら、納期を追い求めて奮闘します。

映画のレビュー

満足度
 (4.5)

この映画は、共感する人が多いのではないでしょうか。私も昔は、ブラック企業で働いていましたし、その時代を思い出すような現実をリアルに描いています。主人公のマ男の勇気と闘いを通じて感動を覚えました。彼の苦悩や限界に共感し、彼の奮闘に感動することでしょう。

この映画を通じて、自身の状況に向き合い、変化を求める勇気を持つことができるかもしれません。ぜひ『もう俺は限界かもしれない』を観て、マ男の壮絶な奮闘と成長に心を揺さぶられてみてください。

続きを見る

満足度
 (3)

平成の残り香漂うコンプラガン無視3次請けIT会社。

数々のデスマを乗り越えてきた若者を称えるとともに、この映画を見てまだ頑張れるかもしれない、と思った被害者を弔う。

2ちゃんねるの中にいる顔の見えない相手は無責任だけど味方でもあったのね。

引用元:filmarks.com

続きを見る

リッチマン、プアウーマン

あらすじ

このドラマは、世界的な不景気や経済難の中で、アパートの一室や自宅のガレージから始まった会社が10年も経たないうちに巨額の利益を生み出し、夢のような富を手にするという物語を描いています。

小栗旬演じる日向徹は、その性格はかなりの欠点を抱えています。一方、石原さとみ演じる澤木千尋は純粋さと孤独を持つ女性であり、彼女は日向徹に引かれていきます。二人は多くの衝突を経験しながらも、お互いを知り成長していく姿が描かれています。

映画のレビュー

満足度
 (5)

アラン・チューリングが率いる秘密のチームがエニグマ暗号の解読に挑む過程を追い、彼らが直面する困難や逆境、そしてチューリングの独特な方法論と発想力で浮き彫りにしています。数々の試行錯誤を重ねながら、暗号を解読するための革新的なマシンを開発し、最終的に戦争の勝利に貢献してくんだよね。

続きを見る

満足度
 (4)

グラハムベルが電話を作った理由は?
遠く離れた大切な人と話をしたかったからだろう。

メールに写真が添付できるようになったのは?
大切な人と今自分が何をしているのかを共有したかったからだろう。

ITの中心にはいつも人間がいる。

僕らの仕事は大切な人を想うことから始まる。

どんな仕事もこれが原点なんだろうな。

恋愛シーンは惹かれないけど、
大切なことを教えてくれたドラマ

引用元:filmarks.com

続きを見る

会社は学校じゃねえんだよ

あらすじ

『学生起業家、渋谷のギャル男』は、藤村鉄平が学生時代から起業し、ベンチャー企業に入社するまでの物語を描いたドラマです。

主人公の藤村鉄平は、学生時代から起業に挑戦し、渋谷のギャル男として知られています。彼はベンチャー企業社長・沢辺の書籍に触発され、彼が経営するビットバレーエージェントに入社することを決意します。

入社後、鉄平は先輩の山野から理不尽な要求を受けるなどの困難に直面します。しかし、彼はその状況に耐えられず、沢辺に直談判することを決意します。そこで鉄平は、沢辺の本当の姿を知り、ある決意を固めます。

映画のレビュー

満足度
 (5)

このドラマは、若者の起業やビジネスに対する情熱と挑戦の姿勢を描きながら、現実のビジネス界の裏側やリーダーシップのあり方にも光を当てています。鉄平が直面する困難や挫折、そして彼が選んだ道によって、視聴者は彼の成長と決断に感銘を受けるでしょう。
起業への情熱や夢を持ちながらも現実の厳しさに立ち向かう若者たちの姿に共感し、自らの夢や目標に向かって突き進む勇気を養うことができるでしょう。

続きを見る

満足度
 (4)

スタートアップのリアル
若手起業家が四苦八苦しながら、夢に突き進む物語。
なにかやってやろう!ってなる作品。
サイバーの藤田さんが原作だからか、サイバーの要素強め。青山大学とか渋谷とか

引用元:filmarks.com

続きを見る

夢と創造の舞台!エンジニアのアニメ映画特集

エンジニアの世界は、技術と創造力が交差し、新たな可能性が広がる場所です。そんなエンジニアの魅力を描いたアニメ映画は、夢と創造の舞台として私たちを魅了してくれます。本特集では、その魅力に溢れたエンジニアのアニメ映画作品を紹介します。

UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

アニメの世界で繰り広げられるエンジニアの冒険譚!おすすめは以下です。

サマーウォーズ

あらすじ

『サマーウォーズ』は、細田守監督による日本のアニメ映画であり、現実と仮想空間が交錯する冒険と家族の絆を描いた作品です。

物語は、主人公の高校生・大倉照が、サマーホリデーに知り合った少女・紀夏と彼女の家族のもとで過ごすことになります。しかし、紀夏の祖母の誕生日会で起こった事件が発端となり、世界中の人々が繋がる巨大な仮想空間「オズ」での壮絶な戦いが繰り広げられます。

映画のレビュー

満足度
 (5)

この映画は、家族や友人と一緒に観ることでより一層楽しむことができるでしょう。家族の絆や大切さを再確認するとともに、仮想空間における冒険とチャレンジ精神の力を感じることができるでしょう。『サマーウォーズ』は、視覚的な魅力と感動的なストーリーが見事に融合した、必見のアニメ映画です。

続きを見る

満足度
 (4)

何度見ても良い。

子供に勧めて一緒に鑑賞。
夏、家族の絆、行動力、もろもろ感じてくれたかな。
夏のはじまりに見て、カラダを夏にする映画。

おばあちゃんの手紙、泣きそうになったから飲み物取りに行くふりしてごまかした。

引用元:filmarks.com

続きを見る

攻殻機動隊

あらすじ

『攻殻機動隊 ARISE』は、士郎正宗原作のサイバーパンクSF作品『攻殻機動隊』シリーズの新たなスタートを切ったアニメシリーズです。物語は、主人公の草薙素子がサイバーテクノロジーと犯罪との戦いに身を投じる公安9課に入隊するまでの過程を描いています。AR(Augmented Reality)技術の発展や人間と機械の融合が進む近未来の世界で、素子は事件の解明や犯罪者の追跡に挑みながら、自身の存在や人間性に向き合うこととなります。

映画のレビュー

満足度
 (4)

『攻殻機動隊 ARISE』は、オリジナルの『攻殻機動隊』シリーズのファンにとっても新たな魅力を提供する作品です。サイバーパンクな世界観や複雑なストーリー展開、キャラクターの成長と葛藤など、アクションと哲学が融合した魅力的なアニメシリーズとなっています。『攻殻機動隊 ARISE』は、サイバーパンクやSFが好きな人には必見の作品です。

続きを見る

満足度
 (4)

攻殻機動隊シリーズの前日譚
キャラデザと声優の違いに最初は違和感があったが、全体的に映像のクオリティも上がってて、何よりも9課ができる前の物語を知れることが嬉しい

引用元:filmarks.com

続きを見る

結論とまとめ

エンジニア映画の魅力を味わったあなたには、もう一歩進んでプログラミングの世界に身を投じることをお勧めします。プログラミングスクールでは、実践的な知識やスキルを身につけることができます。エンジニアとしての道を歩みたいなら、ぜひスクールで学び、夢を現実にしましょう。

UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

ご覧いただきありがとうございました。本記事のまとめを以下になります。
※タップすると気になる箇所まで飛びます

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です