〈PR〉プロが選ぶ!2023年最新!おすすめプログラミングスクール比較ガイド

【Java変数】の使い方に迷ったらこれを読め!初歩から応用まで!

こんにちわ、UIHACK編集長です!

「Javaのプログラムを勉強し始めたけど、いまいち宣言の方法が分からないと……」と悩んでいませんか?

そんな人に向けて、さまざまな場面で使える「テンプレート」を用意しました!

UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

この記事で解決できる悩み
・Javaプログラミングでの変数宣言
・Java変数宣言の方法とルール
・Java変数宣言と代入の方法

上記のような悩みを解決できる記事を用意しました。

この記事でご紹介する「Javaプログラミングの実装方法」を実践すれば、初心者でも問題なく実装できます!

なぜなら、実際に私もこの方法で変数の宣言や型の書き方の悩みを解決できたからです。

記事前半では「変数についての基本的な理解」を、後半では「Java変数の種類と使い分け」を解説するので、じっくり読み込んでください!

Java変数についての基本的な理解

Java変数についての基本的な理解について解説します。Javaプログラミングにおいて、変数は非常に重要な役割を持ちます。この記事では、Java変数の基本的な概念と使い方を紹介します。

Java変数とは何か?入門者向けに解説

Java変数とは、データを格納するための箱のようなものです。つまり、データを一時的に保管するために使用されます。例えば、数値や文字列などのデータを格納するために使用されます。

変数を使用することで、同じデータを何度も書く必要がなくなり、コードの可読性を向上させることができます。また、データの処理や操作に必要な値を保持しておくことができ、コードの効率性も向上させることができます。

Javaでは、変数を宣言してから使用する必要があります。変数の宣言には、データ型と変数名を指定する必要があります。例えば、整数を格納するための変数を宣言する場合は、int型の変数を宣言します。また、変数名は、アルファベット、数字、アンダースコアから構成されることができます。

初心者の方には、Java変数の基本的な使い方を学ぶことが大切です。データ型や変数名の指定方法、変数の宣言と代入、変数のスコープといった基本的な概念を理解しておくことで、より効率的なコーディングが可能になります。

Java変数の初期化についての基礎知識

Java変数を宣言するとき、その変数に初期値を与えることができます。変数を宣言する際に初期値を与えることを「初期化」と呼びます。

初期化をしない場合、変数には自動的に初期値が与えられます。数値型の場合は「0」、boolean型の場合は「false」、参照型の場合は「null」が初期値として設定されます。

しかし、プログラムを書く上で、初期値を自分で指定することが多くあります。変数の初期値を設定することで、プログラムの安全性を高めることができます。例えば、変数を使用する前に値を確認するためのエラーチェックや、値を初期化しておかないと意図しない結果が発生することを防ぐためです。

変数を初期化する方法は、変数の宣言時に値を代入する方法と、宣言後に値を代入する方法があります。変数の宣言時に値を代入する場合は、次のように記述します。

int num = 10; // int型の変数numに初期値10を代入

変数の宣言後に値を代入する場合は、次のように記述します。

int num; // int型の変数numを宣言
num = 10; // numに初期値10を代入

変数の初期化については、Javaプログラミングにおいて非常に重要な要素の一つです。変数を適切に初期化することで、プログラムのバグを防ぎ、安全なプログラムを作成することができます。

Java変数の基本的な使い方と代入方法

Javaでは、変数はプログラム内で値を保持するための仮想的なコンテナです。Java変数を使うことで、プログラム内で値を簡単に保持して取り出すことができます。

Java変数の使い方は、変数の宣言と代入の2つのステップに分かれます。まず、変数を宣言する必要があります。これは、使用する変数のデータ型と名前を指定することで行います。次に、変数に値を代入することで、その値を変数に保持することができます。

例えば、整数型の変数を宣言して値を代入するコードは以下のようになります。

int number; // 変数の宣言
number = 10; // 変数への値の代入

Java変数の代入には、演算子「=」を使用します。右辺の値が左辺の変数に代入されます。

また、Javaでは、変数を宣言した後、値を代入しないで使用しようとすると、コンパイルエラーが発生します。このようなエラーを回避するためには、変数の宣言と同時に初期値を設定することができます。例えば、以下のコードは、整数型の変数を宣言して、初期値を0に設定しています。

int number = 0; // 初期値を設定することもできる

以上が、Java変数の基本的な使い方と代入方法です。

Java変数の一覧と使い分け

Javaには様々な種類の変数があります。それぞれの変数には使い分けがあり、適切に使い分けることでプログラムの効率性が向上します。以下はJava変数の一覧と使い分けの例です。

種類説明
byte数値8ビットの符号付き整数を表します。主にデータの保存や転送に使用されます。
short数値16ビットの符号付き整数を表します。主にメモリやデータベースの節約に使用されます。
int数値32ビットの符号付き整数を表します。主に計算やカウンターに使用されます。
long数値64ビットの符号付き整数を表します。主に時間や日付の計算に使用されます。
float浮動小数点32ビットの浮動小数点数を表します。主に科学技術や3Dグラフィックスに使用されます。
double浮動小数点64ビットの浮動小数点数を表します。主にビジネスアプリケーションや金融に使用されます。
char文字列16ビットのUnicode文字を表します。主にテキスト処理に使用されます。
String文字列文字列を表すためのデータ型です。String型はJavaの中でも特別扱いされており、クラスとして定義されています。
boolean真偽値true/falseの論理値を表します。主に条件分岐に使用されます。
NOTE

適切な変数の選択は、実際にプログラムを書くときに非常に重要です。例えば、メモリの使用量を節約する必要がある場合は、byteやshortを使用することができます。一方、小数の計算が必要な場合は、floatやdoubleを使用する必要があります。正しい変数の使い分けは、プログラムの正確性と効率性に直結します。

Java変数の一覧と各種の深掘りした使い分け方

Javaには様々な種類の変数があります。それぞれの変数には使い分けがありますので、以下に一覧とその使い分け方を示します。

説明
byte型8ビットの符号付き整数を表す変数
メモリ使用量が少なく、画像処理や音声処理などの場面で利用される
short型6ビットの符号付き整数を表す変数
byte型よりも大きな範囲の整数を扱う場合に利用される
int型32ビットの符号付き整数を表す変数
最も一般的に使用される整数型の一つ
プログラム内で整数を扱う場合には、まずint型を使うことが推奨されている
long型64ビットの符号付き整数を表す変数
int型よりも大きな範囲の整数を扱う場合に利用される
float型単精度浮動小数点数を表す変数
基本的には、小数点以下の精度が必要な場合に利用される
double型倍精度浮動小数点数を表す変数
float型よりも大きな範囲の小数を扱う場合に利用される
boolean型rueまたはfalseの真偽値を表す変数
条件分岐などに利用される
char型Unicode文字を表す変数
一文字のみ格納できるため、文字列を扱う場合にはString型を利用することが一般的
NOTE

以上のように、Javaには様々な種類の変数があります。各変数にはそれぞれの使い分けがありますので、適切な変数を選択し、プログラムを記述することが大切です。

Java変数宣言の方法とルール

Javaでは、変数を宣言するために以下のような構文を使用します。

データ型 変数名;

例えば、int型の変数を宣言する場合は以下のようになります。

int num;

変数名は任意の名前をつけることができますが、以下のルールに従う必要があります。

  1. 変数名は英字、数字、アンダースコア(_)を使用できる。
  2. 大文字と小文字は区別される。
  3. 変数名の先頭に数字を使用することはできない。
  4. 予約語(if、while、publicなど)は使用できない。

また、変数に値を代入する場合は、以下のようにします。

変数名 = 値;

例えば、int型の変数numに値5を代入する場合は以下のようになります。

num = 5;

また、変数の宣言と同時に初期化することもできます。

int num = 5;

以上がJava変数宣言の基本的な方法とルールになります。

Java変数宣言の基本的な書き方とルール

Javaでは、変数を宣言することでメモリ上に領域を確保し、値を格納することができます。変数を宣言する際には以下の基本的な書き方とルールに従う必要があります。

変数の宣言

変数を宣言するには、以下のように「型 変数名;」と記述します。ここで、型は変数のデータ型を指定し、変数名は任意の名前を指定します。

int num;
String str;
double price;
変数に値を代入

変数に値を代入するには、「変数名 = 値;」と記述します。ここで、値は変数のデータ型に合わせた値を指定します。

num = 100;
str = "Hello";
price = 10.5;
変数の宣言と初期化を同時に行う

変数の宣言と初期化を同時に行うには、「型 変数名 = 値;」と記述します。ここで、値は変数のデータ型に合わせた値を指定します。

int num = 100;
String str = "Hello";
double price = 10.5;
変数名のルール

変数名は、アルファベット、数字、アンダースコア(_)を組み合わせて任意の名前を指定することができます。ただし、以下のルール三点に従う必要があります。

  1. 変数名の先頭に数字を使用することはできません。
  2. 大文字と小文字は区別されます。
  3. Javaの予約語(if、else、whileなど)は変数名として使用することはできません。

以上が、Java変数宣言の基本的な書き方とルールです。適切な変数名を付け、データ型を適切に設定することで、効率的なプログラムを実装することができます。

文字列を扱うJava変数の使い方

Javaでは、文字列を扱うためにString型が用意されています。String型の変数を宣言する方法は、以下のようになります。

String 変数名;

宣言した変数に文字列を代入するには、以下のようにします。

変数名 = "代入する文字列";

また、宣言と代入を同時に行うこともできます。

String 変数名 = "代入する文字列";

文字列の連結には、「+」演算子を使用します。例えば、以下のように記述することで、2つの文字列を連結することができます。

String str1 = "Hello";
String str2 = "World";
String message = str1 + str2;

以上のようにして、Javaでは文字列を扱うことができます。

Java変数を使って文字列を読み込む方法

Javaで変数を使って文字列を読み込むには、Scannerクラスを使用します。Scannerクラスは、Javaの標準入力ストリームから入力を読み込むために使用されます。

以下は、Scannerクラスを使用して文字列を読み込む簡単な例です。

import java.util.Scanner;

public class Main {
    public static void main(String[] args) {
        Scanner scanner = new Scanner(System.in);
        System.out.print("文字列を入力してください: ");
        String inputString = scanner.nextLine();
        System.out.println("入力された文字列: " + inputString);
    }
}

この例では、Scannerクラスをインスタンス化して、nextLine()メソッドを使用して文字列を読み込んでいます。読み込んだ文字列は、inputString変数に格納され、それを出力しています。

上記の例では、文字列を1行で読み込んでいますが、next()メソッドを使用すると、スペースで区切られた単語ごとに文字列を読み込むことができます。

String inputString = scanner.next();

また、nextInt()メソッドを使用して整数を読み込むこともできます。

int inputInt = scanner.nextInt();

Java変数名の命名規則

Javaの変数名には以下のような命名規則があります。

  1. 変数名はアルファベット、数字、アンダースコア(_)、ドル記号($)からなる任意の文字列を使用できます。
  2. 大文字と小文字は区別されます。
  3. 変数名は数字から始めることはできません。
  4. Javaの予約語(if、else、while、classなど)は変数名として使用できません。
  5. 変数名は見やすく、分かりやすいものにすることが望ましいです。
  6. キャメルケース(最初の単語の先頭を小文字、2番目以降の単語の先頭を大文字にする)を使うことが一般的です。

例えば、以下のような変数名が一般的に使われます。

NOTE

firstName
lastName
age
phoneNumber
addressLine1
email

これらの変数名は分かりやすく、意味が明確であるため、Javaプログラマーによく使用されます。

Java変数名のパターンと使い分け方

Java変数名にはいくつかのパターンがあり、それぞれの使い分け方があります。以下にいくつかのパターンと使い分け方を紹介します。

キャメルケース

例: firstName, lastName
使い分け: 変数名に複数の単語が含まれる場合に使用します。

スネークケース

例: first_name, last_name
使い分け: 変数名に複数の単語が含まれる場合に使用します。主にデータベースのカラム名などで使用されます。

パスカルケース

例: FirstName, LastName
使い分け: クラス名、インターフェース名など、Javaのクラスとして定義する場合に使用します。

アンダースコアで始まる

例: _firstName, _lastName
使い分け: 主にライブラリやフレームワークなどで使用され、プライベートな変数であることを示します。

定数

例: MAX_VALUE, MIN_VALUE
使い分け: 変更されることがない値を表す場合に使用されます。すべて大文字で表記されます

これらのパターンを使い分けることで、コードの可読性を高めることができます。また、Javaの変数名には命名規則がありますので、これらのパターンを使う際には命名規則に従うようにしましょう。

Java変数宣言時の初期値をについて

Java変数宣言時に初期値を与えることができます。初期値は、変数が宣言された際に代入される値のことです。初期値を与えなかった場合、変数にはデフォルトの初期値が与えられます。

数値型の変数の場合、初期値は0となります。boolean型の変数の場合、初期値はfalseとなります。参照型の変数の場合、初期値はnullとなります。

初期値を与える方法は、変数宣言時に代入する値を指定することです。以下は、初期値を与えた変数の宣言例です。

int num = 10;
double height = 170.5;
String name = "John";
NOTE

初期値は変数の型に合わせた値を与える必要があります。例えば、int型の変数に文字列を代入しようとすると、コンパイルエラーが発生します。初期値は、変数の使用前に代入されるため、初期値を適切に設定することでプログラムの安全性を確保することができます。

Java変数の種類と使い分け

Javaには以下のような種類の変数があります。それぞれの変数の特徴と使い分けについて解説します。

  1. プリミティブ型変数
    プリミティブ型変数とは、int、double、booleanなどの基本的なデータ型を指します。この型の変数は、値そのものを格納するための変数です。例えば、int型変数には数値が、boolean型変数にはtrueまたはfalseが格納されます。プリミティブ型変数は、メモリのスタック領域に格納されます。
  2. 参照型変数
    参照型変数とは、String、Object、ArrayListなどのクラス型を指します。参照型変数は、インスタンスを格納するための変数です。例えば、String型変数には文字列が、Object型変数にはオブジェクトが格納されます。参照型変数は、メモリのヒープ領域に格納されます。
  3. 配列型変数
    配列型変数とは、複数の値を格納するための変数です。配列は、同じデータ型の値をまとめて管理することができます。例えば、int型の配列には複数の整数が、String型の配列には複数の文字列が格納されます。配列型変数も参照型変数の一種であり、メモリのヒープ領域に格納されます。
NOTE

使い分けのポイントは、変数の目的や格納するデータの種類によって異なります。基本的には、データの種類に合わせて変数を宣言することが重要です。例えば、数値を格納する場合はint型変数を、文字列を格納する場合はString型変数を使います。また、複数の値を管理する場合は、配列型変数を使うことができます。

スーパークラスで定義されたJava変数とサブクラスでの扱い方

スーパークラスで定義されたJava変数とサブクラスでの扱い方について説明します。

スーパークラスで定義されたJava変数は、その変数を継承したサブクラスからも利用することができます。ただし、アクセス修飾子がprivateである場合は、サブクラスからアクセスすることはできません。protectedやpublicであれば、サブクラスからもアクセス可能です。

サブクラスで同名の変数を定義することもできますが、この場合はスーパークラスの変数とは別の変数として扱われます。このように、同じ名前の変数が複数存在する場合は、変数名の先頭に「super.」をつけることでスーパークラスの変数を参照することができます。

また、サブクラスでスーパークラスの変数をオーバーライドすることもできます。この場合、スーパークラスで定義された変数の内容がサブクラスで上書きされます。ただし、アクセス修飾子がprivateである場合は、オーバーライドすることはできません。

以上が、スーパークラスで定義されたJava変数とサブクラスでの扱い方についての説明です。

まとめ

今回紹介したJava変数の活用事例はいかがでしたか?他にもさまざまな使い方があるので、興味を持たれた方は他のページもチェックしてみてください。

実際に、使用できるように、この記事を幾度も参考にして下さい!
是非ブックマークして下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です