〈PR〉プロが選ぶ!2023年最新!おすすめプログラミングスクール比較ガイド

2023年の給料が高い仕事ランキング:男女別TOP10

ハック君
ハック君

「給料が高い仕事を選ぶって、何を基準にすればいいんだろう?」と考えたことはありませんか?例えば、仕事の安定性ややりがい、それとも休みの充実度など、悩むポイントはたくさんあります。

本記事は、

本記事のオススメ対象者
  • 2023年の給料が高い仕事ランキングをご紹介
  • 自分にぴったりの高収入職種が見つかります。
  • 男性、女性ともに職業年収ランキングランキングを知りたい人

上記のような、悩みや疑問を持っている、人向けに転職を5回してきたジョブホッパーの私が解説します。

この記事では、2023年の給料が高い仕事ランキングを紹介します。読むことで、自分にぴったりの高収入職種が見つかり、将来のキャリア選択に自信を持つ手助けになるでしょう。

それでは、ご一読ください!

2023年の職業年収ランキング:男性編

出典元:ジョブ部

ハック君
ハック君

以下は2023年の職業年収ランキング(男性編)です。

航空機操縦士(約1,618万円)

航空機操縦士は、民間航空や航空会社で働く専門職であり、飛行機やヘリコプターを操縦します。航空機の安全な飛行を確保するために、高度な技術と訓練が必要です。

医師(約1,515万円)

医師は、患者の健康診断や治療を行う医療の専門家です。一般的には医学部を卒業し、医師免許を取得する必要があります。医師の仕事は非常に専門的で責任重大です。

大学教授(高専含む)(約1,082万円)

大学教授は、大学や高等専門学校で教育を担当し、研究活動を行います。教育や研究の分野によって異なるが、専門的な知識と教育能力が求められます。

法務従事者(約971万円)

法務従事者は、法律に関する専門知識を活かして、法的な問題を解決する仕事をします。弁護士や裁判官、法律事務所のスタッフなどが該当します。

大学准教授(高専含む)(約877万円)

大学准教授は、大学や高専で教育を担当し、研究を行う立場です。教育活動と並行して、自身の研究も行います。

その他の経営・金融・保険専門職業従事者(約852万円)

このカテゴリには、経営者、金融アナリスト、保険業界の専門職などが含まれます。各職種ごとに異なる専門知識が求められます。

歯科医師(約794万円)

歯科医師は、歯科治療や口腔の健康を担当します。口腔内の治療や予防を行い、患者の口腔健康を維持します。

公認会計士、税理士(約794万円)

公認会計士や税理士は、企業や個人の会計や税務に関する専門的なアドバイスを提供します。

小・中学校教員(約792万円)

小・中学校教員は、生徒たちに基礎教育を提供します。教育方法や生徒の成長を支援する役割を担います。

著述家、記者、編集者(約786万円)

著述家は文章を執筆し、出版物やウェブコンテンツを制作します。記者はニュースを取材・報道し、編集者は文章やコンテンツの編集を担当します。

年収の平均値とは?

年収の平均値は、特定の期間(通常は1年間)における収入の総額を、その期間の日数で割った値です。

これは一般的に、個人や企業の経済的な状況を把握する際に重要な指標となります。例えば、ある職業の平均年収が知りたい場合、その職種に従事する人々の収入を集計し、全体の人数で割ることで平均年収が算出されます。

この数値は、特定のグループや産業の経済的な健全性を評価するのに役立ちます。また、政府や企業が政策や給与体系を策定する際にも参考にされる重要な情報源です。年収の平均値は、個々の収入水準だけでなく、所得格差や経済の健全性を評価する指標としても利用されます。

2023年の職業年収ランキング:女性編

出典元:ジョブ部

医師(平均年収: 約1,138万円)

医師は医療の専門家であり、患者の健康診断や治療を担当します。医学部の卒業と医師免許の取得が必要です。

大学教授(高専含む)(平均年収: 約998万円)

大学や高等専門学校で教育を担当し、研究活動も行います。教育や研究の分野によって異なるが、専門的な知識と教育能力が求められます。

法務従事者(平均年収: 約972万円)

法務従事者は、法的な問題を解決する専門職であり、弁護士や裁判官、法律事務所のスタッフなどが該当します。

歯科医師(平均年収: 約878万円)

歯科医師は歯科治療や口腔の健康を担当します。口腔内の治療や予防を行い、患者の口腔健康を維持します。

航空機操縦士(平均年収: 約874万円)

航空機を操縦する専門職であり、飛行機やヘリコプターの安全な飛行を確保するために高度な技術と訓練が必要です。

大学准教授(高専含む)(平均年収: 約814万円)

大学や高等専門学校で教育を担当し、研究も行います。

小・中学校教員(平均年収: 約658万円)

生徒たちに基礎教育を提供します。教育方法や生徒の成長を支援する役割を担います。

大学講師・助教(高専含む)(平均年収: 約623万円)

大学や高等専門学校での教育を担当し、研究も行いますが、准教授よりもポジションが下です。

高等学校教員(平均年収: 約608万円)

高校での教育を担当し、生徒たちの成長を支えます。

その他の経営・金融・保険専門職業従事者(平均年収: 約604万円)

経営や金融、保険などの専門職で働くプロフェッショナルです。それぞれの職種によって異なる専門知識が求められます。

女性に人気の高給職業とは?

近年、女性も積極的にキャリアを築く中で、高給の職業に対する関心が高まっています。以下は、女性に人気の高給職業の一部です。

医師

医師は高度な専門知識を持ち、医療の最前線で活躍します。そのため、高収入が期待できます。

ITエンジニア

プログラマーやシステムエンジニアなどのIT関連の職種は、高い技術力が求められますが、その分給与も高めです。

大学教授

大学や高等専門学校での教育と研究を担当する大学教授は、専門的な知識と経験が必要ですが、高収入が期待できます。

公認会計士、税理士

企業や個人の会計や税務に関する専門的なアドバイスを提供する職種であり、高い報酬が得られます。

薬剤師

薬の専門家として活躍する薬剤師は、高い専門知識が求められますが、給与水準が比較的高いです。

ハック君
ハック君

これらの職種は、女性にも高給で働く機会を提供し、キャリアを築く上で魅力的な選択肢となります。ただし、各職種ごとに必要なスキルや専門知識を習得することが重要です。

年収向上のための自己投資

自己投資は、個人の成長とキャリアの発展に不可欠な要素です。特に年収向上を目指す場合、以下の方法が効果的です。

資格取得

職種や業界によっては特定の資格が必要です。資格を取得することで、自己の価値を高め、給与水準を引き上げることができます。

スキルアップの継続

技術やスキルの進化は速いものです。常に最新のトレンドや技術に対応できるよう、継続的な学習とスキルアップを心がけましょう。

セミナーや研修参加

業界のイベントや研修に参加することで、他の専門家との交流や新しい知識の獲得が可能です。これがキャリアの拡大につながります。

キャリアプランの見直し

現職のキャリアプランを再評価し、自分にとって最適な方向に進むための戦略を練り直すことが必要です。

副業やフリーランス活動

余暇を活用して副業やフリーランス活動を始めることで、追加収入を得ることができます。

ハック君
ハック君

これらの方法を組み合わせて、自己投資を通じて年収向上を目指しましょう。自己投資は将来の成功への重要なステップです。

まとめ

UIHACK
編集長
UIHACK 編集長

今回は、2023年の給料が高い仕事ランキングをご紹介しました。
それでは、最後にもう一度、おさらいしましょう。

本記事で学んだ事
  • 2023年の職業年収ランキング:男性編
  • 2023年の職業年収ランキング:女性編
  • 年収向上のための自己投資

もう一度、最初から「2023年の職業年収ランキング:男性編」を読む↑

ASSIGN(アサイン)とは何が出来るのかを知りたい方は、ぜひ以下の記事もご覧ください。

ビジネスパーソンの転職成功法則を知りたい方は、ぜひ以下の記事もご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です